動画・読み物

◆youtube 瀬戸川礼子の幸せに働く生きるヒント

全国の取材で見聞きした、幸せに働き、幸せに生きるヒントを分かりやすくお届けします!
リーダーシップ、ものごとのとらえ方、伝え方、コミュニケーション、人間力などがテーマです。
会社で働く方に、悩める方に、子育て中の方にも有益なお話をお届けしたいと思っています。

↑ 画像をクリック、youtubeへ

1回目は「目的と目標 まぜるな危険」がテーマです。
・私が考えるいい会社の5つの条件
・お客さん側から会社を見てみよう
・地域一番を目指していたある経営者の話
・どん底から立ち上がった経営者に共通すること
・私の目的、使命
・「目的があなたを見つける」

※ 2020年9月1日スタートしました! 順次、アップします。

◆ 動画 「人間力アップセミナー」 

「人間力」という言葉が普通に使われる時代なりました。「思いやる力」「悩むのでなく考える力」「想像力」 などさまざまありますが、「どう育むのか?」がポイントではないでしょうか。

 各地で出会ってきた人間力の高いリーダーとの「トークショー」によって、                 講演とは違う「素」の人間性が出る場をご用意しました。

表情、声のトーン、間の取り方、空気感なども一緒に感じながら、                     ゲストの人間力に直接、触れていきます。

人間力アップセミナー Vol.3
一番大切なことを一番大切にするとは?

ゲスト:ネッツトヨタ南国 取締役相談役  
ビスタワークス研究所   横田英毅さん

トヨタのカーディーラーの中でも顧客満足/社員満足が抜きん出て高いネッツトヨタ南国。「全社員が人生の勝利者になる」を掲げ、それを一番大切にされてきた結果です。教育を重視し、人財育成会社「ビスタワークス研究所」も立ち上げられています。

 ・車の販売会社だけはやりたくなかった理由           ・なぜ満足より幸せが大事なのかを論理的に考える       ・会社は「幸せ」のためにある!                                    ・貸し剥しにあいそう、どうすればいい?                                   ・出来る上司の部下が育たない理由                                                     など、トークしながら本質に迫っていきます。

人間力アップセミナー Vol.2
美しく生きるとはどう生きることか?

ゲスト:石坂産業 代表取締役社長 石坂典子さん

ガレキ類を主体とした産業廃棄物処理企業の2代目経営者。かつては、公害の悪役に祭り上げられ理不尽な目に遭ったものの、今では周囲の里山を美しく再生する優れた企業として認められる存在に。技術力も高く、95%超の再資源化に成功。

・上司を育てる方法とは?                   ・社員の士気を育むには?                  ・典子さんにとっての美学とは?              
・困ったときの基準は「何が正しいか」             ・「聞いてもらおう」と思ってはダメ           

など、トークしながら本質に迫っていきます。

・部下に恵まれない。どうすればいいか?                                    

人間力アップセミナー Vol.1
 どうすれば強い心を持てますか?

ゲスト:日本電鍍工業 代表取締役社長 伊藤麻美さん

父が創業しためっき工場を継いだ伊藤麻美さん。米国で宝石鑑定士・鑑別士として輝ける未来に進もうとしていた矢先のことでした「死ぬこと以外は悩みじゃない!」。刺激あり、愛あり。  一本筋が通った生き方をなぜできるのか。

・その使命感はどこから来るのか?               ・4Dでビジョンが見える、とは?                  ・決断の速さ・選択力をどう養うか               ・社員は平等ではないと考える理由              ・社員のモチベーションを育むには?             などトークしながら本質に迫ります。

「人間力アップセミナー」4回目が決まりましたら、                                   当ホームページやブログなどのSNSでご案内いたします。

◆ 読み物 のご紹介。

   女将のこえ                                                        

2000~2020年まで『旬刊旅行新聞』で毎月連載した「女将のこえ」(全231回)。北海道~沖縄まで日本全国の旅館の女将さんを訪ね、人生の指針、日本文化、社員教育、顧客への思い、地域のことなどさまざまな心に触れさせていただきました。公私ともに親しくなった方も多く、そのご縁は財産です。

本になりました。一冊につき、55人ずつ女将さんをご紹介している『女将さんのこころ①②』。